Top
<   2009年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧
「平滑さ」と「凹凸」
私達が生活している建築物の仕上げに注目してみると、平滑なものと凹凸があるものに気がつきます。建築をデザインする際、材料の表面が「平滑か」、「凹凸があるか」のどちらを選択するかについて、その判断はとてもむずかしいことです。そのことについて少し書いてみます。

c0127238_20594197.jpg


平滑な仕上げは、空間全体が洗練された印象となりデザイン性を高めてくれ、比較的ローコストで施工可能なので設計者には比較的好まれる仕上げです。ただこの仕上げは広い面積を施工した場合、割れと汚れが目立ちやすいという問題があります。それを防ぐには仕上材を性能の高いものとし、下地処理を適正に行えば前述したような問題は軽減しますが、コストがかかります。ただ、平滑なので汚れを掃除するのは比較的容易です。

c0127238_20594754.jpg


凹凸のある仕上げは、人との距離により印象が変わります。遠景では仕上げは平滑に近づいた印象となり、近景ではその凹凸が表情を演出します。光のあたりかたと距離により表情が変化する特徴があります。凹凸の陰影で、平滑な仕上げよりも割れや汚れは目立ちにくいので施工関係者に比較的好まれます。ただ凹凸の形状のためコストはかかり、また掃除を行うのに手間もかかります。

平滑な仕上げは汚れたら再施工するというメンテナンスを継続していけば問題はありませんが、海外と違い住まいのメンテナンスに対する日本人の意識は低いのでメンテナンスの手間と費用がかかりすぎるとクレームが発生し問題となってしまいます。そのため、それらの長所短所を考慮した上で、前提となる設計条件からデザインを行い、それらに対し最適な選択を行うことが必要です。
そのような理由から、仕上材料の表面形状の選択は判断がとてもむずかしいのです。

建築家になるには年月が必要とよくいわれます、それは多くの知識と経験が必要な判断がとても多い仕事であるからです。実際に実務経験を積んでみると、そういわれていることがよくわかります。
[PR]
by liquid_architects | 2009-03-13 21:01 | shiro kobayashi
「SEO」が気になる その2
ウェブサイトには実際見えてくるビジュアル的な部分と、そうでない部分があります。プロではないので詳しくは分かりませんが、そのそうでない部分をデザイン(構築)することによって、検索エンジンが表示する検索結果をある程度操作できるというのです。

実際プロジェクトが完了し、実際のカタチになるまでには、様々なプロセスを経ています。ボツになってしまったアイディアもあれば、予算の関係で思い通りのものにならなかったもの、また多くの要望によって、その条件を満たすためにコンセプトの濃度が薄まり、クリアに表現できなかったものなど様々です。そういった一連のストーリーを知る関係者とそれを全く知らない第三者では、情報量が違うため、同じ空間・物に触れた時の印象は異なってきます。

特に検索エンジンの場合は、分析するのはアルゴリズムというプログラム、実際見るのは人間というプロジェクトの関係者と第三者以上の差があります。こういうことって情報社会では、ウェブ以外でも至る所にありますが、両者のバランスを取ってデザインするのは、非常に難しいことです。

勿論「SEO」対策をメインにすれば、見えてくる視覚的なデザインも限定されてきます。ちょっと調べてみたところ、サイト内で言えば検索キーワードが出現する率や位置、フォントの大きさ・太さが重要なようです(他にも様々な技術があるようです)。勿論テキストで検索する訳ですので、当たり前と言えば当たり前です。ただ、これは実際人から見える意匠的デザインで解釈すれば、写真や動的なものは適しないし、レイアウトさえもある程度決まってくるオリジナルに欠けたものになってしまいます。

だからといって、検索しても全く引っかからないデザインでは、どんなに意匠的に優れたデザインであっても誰も見てくれない自己満足なサイトになってしまいます。「SEO」対策に特化させるのもデザインだし、人間の目から見える、または人間が体験することに特化させるのもデザイン。でも、それを評価する側の指標によって、その評価は180度変わってしまう。デザインという言葉が非常に広義であることを改めて感じます。
でも実際にはその両者の指標が相反しているのではなく、むしろ同調しているという難しさがそこにはあるんですよね。

人間が創り出したネット空間だけあって、人間の社会と似た構造に近づいている気がします。難しい世界ですね。
[PR]
by liquid_architects | 2009-03-13 18:23 | hiroki matsuura
「SEO」が気になる その1
「SEO」とは皆さん御存知だとは思いますが、「Search Engine Optimization」の頭文字をとったもので、「検索エンジン最適化」のことです。

勿論、「多くの人にサイトを見てもらいたい」「私たちのことを知ってもらいたい」ということもあるのですが、私が気になるのは、そこには実際の目には見えてこないデザインがあるということです。

先日、約1年振りに五賓館にメンテナンスの打ち合わせに行ったのですが、竣工後の空間より明らかに雰囲気が良くなっていたんです。これは写真では伝わらない(多分、写真では竣工写真の方がキレイに見えるはず)何かが育まれたからでしょう。それは、スタッフやお客様の店に対する思い入れかもしれないし、実際そこで料理人が仕事をするリズムのある包丁の音や料理の匂いかもしれない。まさに人と空間の波長が合い、互いが増幅された時、そういった現象が起こるのでしょう。事実、お店を非常に大切に使ってくれていました。それは設計した我々にとっても嬉しいことであり、非常に光栄な事です。

私たちが空間以外のグラフィックデザインを手掛けるのも、空間は使われていく時間もデザインし続ける必要があると感じたからです。また、個人的にもその時間を共有したいという思いもありました。トータルにデザインすることは、その空間に係わり続ける、それは店舗の設計、販促物の制作という分断されたものではなく一連のストーリーをデザインしていくことです。そういったデザインは個々の仕事だけでは見えてこないデザインであり、それが実は一番大切なことなんだと思っています。
[PR]
by liquid_architects | 2009-03-13 16:31 | hiroki matsuura
「軽めにたまには書かないと続けるのがしんどい」と思う
皆様、こんにちは。
リキッドアーキテクツ松浦弘樹です。

c0127238_17152613.jpg


ここ最近マジメなプロジェクトのコンセプト文が続いて、更新がしんどくなったため、あまり重く考えずに色々綴っていこうと思います。せっかくなら楽しく続けていきたいです。力を入れる時は、勿論しっかり書くつもりです。

何年もほったらかしにしていたウェブサイトにもようやく人が戻り始めてくれたみたいで、一安心です。ようやく仕事が一段落したので、今は株式会社設立の準備をしています。特に問題なければ、今月末には登記になるかと思います。

ウェブサイトを更新しなかった理由も、株式会社に早くしようと思っていたのが原因の一つで、「もうじき会社になるからその時一新しよう」と思いつつも、忙しさから開放できず、結局2年程経ってしまいました。社名は、「リキッドアーキテクツ」ではなく、別の名前にしました。ネットで検索すると、ジャンルや国籍を問わず、多くのサイトがありましたので、世界を見据えて活動していきたい強い気持ちから、新たなネーミングとしました。

ウェブサイトの「LIQUID ARCHITECTS」がテキスト表記にしているのはそのためで、登記後の移転・更新を踏まえたためです。会社名はまだ秘密です。
[PR]
by liquid_architects | 2009-03-12 16:49 | hiroki matsuura
「ラザールダイヤモンドブティック銀座本店ファサード」について
今日は、ラザールダイヤモンドブティック銀座本店ファサードについて書きます。

まず高級ブティックが建ち並ぶ銀座の中心地ということもあり、季節によって装いを刻々と変える街並みを取り込み、表情を変えていくようなファサードにしたいと考えました。賑わいある周辺風景やライトアップされたビルや電飾看板等の眩い光がパネルに映りこむことで、照りや反射・屈折といったダイヤモンドの持つイメージを顕現化させることができると考えたからです。

c0127238_18384292.jpg


そこで、敷地境界線とビル躯体との距離がほとんどない敷地条件のなか、高さ15mmで統一した大小異なるサイズの多角錐形状のアルミパネルの集合によってできた外装とし、稜線の傾きが各々異なる多面体を無数につくり出しました。幾枚もの多角錐形状のアルミパネルの高さは、全て15mmの統一となっているのですが、形状・サイズが全て異なるため、重心と各頂点を結ぶ稜線の傾きが各々異なります。稜線の傾きが各々異なることで、映り込む街の風景や光が面ごとに全て微妙に異なってくるのです。

立体的な多面体ではなく、ファセットのわずかな傾きによって生じる複雑な映り込み、反射を抽出することによって、ダイヤモンドの透明感のある純粋で洗練されたイメージを引き出すことができたと思います。

ちなみに、多角錐形状のアルミパネル間には、赤色LEDと白色LEDが内蔵され、
プログラムによって赤から白へと緩やかに変化します。ブランドのコーポレートカラーである黒(パネル)と赤(照明)を配したファサードと金属パネルの重厚感、そして多面体に映り込み反射する多彩な光・像は、ブランドの哲学を体現した外装となったと思っています。
[PR]
by liquid_architects | 2009-03-11 18:40 | hiroki matsuura
「ドバイのプロジェクト」について
去年竣工したドバイのプロジェクトについて今日は書こうと思います。

「創る」という行為は「壊す」という行為と表裏一体の関係にあります。ファッションデザインという行為が新しい衣服のカタチの追求であり、その提示である以上、そこには前衛的なデザインの出現があります。このプロジェクトで空間に導き出したコンセプトは、『読み替え』。
現地のありふれた材料や工法を用いながらも、その使い方、見せ方を変えることで、何か別の意味に変換してしまうことを試みています。
それは、我々が素材や空間に抱く一般的なイメージを解体し、再構築する行為と言えるでしょう。そういった行為は、先入観とも言えるブランドイメージを払拭し、ブランドそのものが本来持つアバンギャルドな主張を前面に出すこととなると考えました。

c0127238_18104287.jpg

「砂漠の砂左官」
国土の大部分は、平坦な砂漠地帯であるドバイという地において、最も安易に安価で手に入る建築材料は砂漠の砂です。地場の自然素材しか使えなかった時代には、風土に根ざしたその土地固有の建築が造られ、それがその土地固有の風景を生み出していました。
風土という言葉は、グローバルな現在は風化しており、都市生活の環境は、その差がなくなってきているのが実情です。しかし、本来の建材はその風土と密接な関係を持った材料であるべきだと思います。
今回はその砂を左官材として空間全体に使用しました。
現代のマテリアルといえるハイテック樹脂を用いた半透明の什器と現地の建築で最もプリミティブな砂。
未来の素材と根源の素材との調和、相反する素材の組み合わせから生まれる力は、アバンギャルドな主張を前面に出すこととなると思います。未来と根源の調和、相反するものから生まれる力・創造、完成されていない荒削りなもののみが放つ強さは、より光を放ち、強いメッセージを表すこととなるでしょう。

砂壁(左官壁)は、塗りによって層を重ねていきます。しかし、絶対的な約束事はほとんどなく、塗り回数を増やしたり、減らしたり、手間をかけたり省略したり、途中で仕上げをやめておくことも勿論可能です。重ねて塗ることが容易なため、砂絵などの模様や、二色に分けて模様を付けることも可能です。
つまり、砂壁は永遠に未完成なものであり、だからこそ美しく、強い光を放ちます。
ファッションは変化するものであり、変化していくからこそ魅力があると思います。砂壁も同様、随時、破壊と構築を繰り返すこととなるでしょう。
[PR]
by liquid_architects | 2009-03-10 18:14 | hiroki matsuura
「越後妻有アートトリエンナーレ2000」回想 その1
ホームページに「Scaping Objects」をアップしました。
過去に時間をかけて考えたことは、今現在、物事を考える際の礎になっていると思いますので当時をふりかえり頭の中を整理してみます。まずこのアート作品が制作された経緯は以下です。

c0127238_15362158.jpg

・「越後妻有アートトリエンナーレ2000」公募作家に選出される
10年前(まだ建築学科の大学院生でした)「越後妻有アートトリエンナーレ2000」の公募作家に応募し書類審査、公開プレゼン審査を経て公募作家に選出されました。公募作家はトリエンナーレ会期中に作品を実際に制作し発表するのですが私が提案した案は実現するには多くの問題を抱えていました。それは会期中に作品の設置や回収というパフォーマンスが必要なためパフォーマーが必要なことや、技術的にどう制作するか、制作費をどのように捻出するか、現地での滞在場所はどうするか等の問題であり、大規模なアート作品を制作したことのない私にとって難問ばかりでした。
そこで当時、同じ渡辺真理研究室に所属していた信頼できる友人達に公開審査直前に協力をもとめ計6人でLUXというグループを結成し制作を行う体制を整えました。試行錯誤しましたがほぼ原案通りに実現することができ公募作家の中から選考されるグランプリを受賞することができました。

建築学生はどうしてもアイデアが机上で完結してしまいます。明快に趣旨を説明することや模型を制作する訓練はするのですが、個人として責任をもち実社会と直接向き合う機会は少なく、またある規模のものを実際に制作する機会もほとんどもつことができません。また世の中にないものを制作するには協力者を募り協議しつづけることが必要で、強い信念と労力がもとめられます。実際に実務で建築が竣工するまでには当然のようにもとめられるこれらの作業を、学生のうちに経験できたことはとても貴重でした。
(回想 その2へ続く 後日)
[PR]
by liquid_architects | 2009-03-05 15:37 | shiro kobayashi
「ミッソーニ表参道店」について
先日ミッソーニ表参道店を友人が見に行ってくれたのですが、「天井が壊れていますよ!」とショップスタッフの方に言ったそう(多分冗談交じりだったとは思いますが・・・)です。ショップスタッフの方は「そういうデザインなんです。」と丁寧に対応してくれたそうですが、ここでは友人への説明も兼ねてデザインコンセプトについて書こうと思います。

c0127238_14252822.jpg


国内はもとよりアジア圏を含めたエリアの旗艦店として、「ミッソーニ」の世界観を体現する新たなストア環境をコンセプトに据えた「ミッソーニ表参道」が10/7にリニューアルオープンしました。「我が家にお招きするような温かいお店創り」をコンセプトに細部のディテールに至るまで、クリエイティブディレクターのアンジェラ・ミッソーニの持つ世界観を反映させて、設計を行いました。

素材やカラー、パターンを追求したブランドのコンセプトをさらに色濃く演出するため、シンプルな空間としながらも、人に何らかのインプレッションを与えてくれる体験的なエッセンスを持ちえたデザインにより、空間と商品をつなぎ合わせることで創り出される新たな形を模索しました。床や壁・天井の色やフォルムの美しさということではなく、マテリアル、形態は主張せずとも、空間と商品による相乗効果から導き出されるストア全体のイメージはより強いものとなり、空間は商品の背景となり、「ミッソーニ」の世界観のみが広がる空間を創り出すことができます。

ビル躯体による天井高が低いデメリットを少しでも改善するため、ミッソーニ社のコーポレートカラーであるブラウンとホワイトを基調とした穏やかな色遣いとし、壁や什器のコーナーに丸みを付け、天井に間接照明を効果的に設けることで、圧迫感を軽減した広がりのある空間としました。間接照明によるやわらかな光に溢れ、人の心にすっと入り込むようなニットのようにやわらかくて、ゆるやかで感覚的な感じは、ゆったりとした時間の流れる心地よい空間を演出します。マテリアルはそれらライティングの効果を生かし、光の反射や陰影によって多彩な表情を見せてくれるようなディテールとなっています。あくまで商品の背景となるように細心の注意を払いながらも、商品を伝える増幅装置となるようなものとしました。床材は、金属粉を主体とした左官仕上とし、目地のないシームレスな床を創り出すと共に、素材そのものの持つ色彩でミッソーニ社のコーポレートカラーのブラウンを表現しながら、磨かれた部分は金色に輝くラグジュアリーなものとしました。壁材は、白の塗装を微妙に使い分け、空間のゾーニングを明確化させながらも、幾何学模様のパターンが光によって浮かんで見えたりと、床材同様ブランドのアイデンティティーをさりげなく印象付けています。それらマテリアルによって生み出される空間は、自然にコレクションを見て回る楽しさを助長させ、回遊性を生み出します。

表参道と店内を繋ぐ立体的なエントランスホールと店内の天井傾斜パネルは、道行く人に異なる視点を与えます。表参道という高級ブティックが建ち並ぶなかで、多角的な視点を持たせることは、逆にブランドの存在感を十分に表現できることとなり、新しい「ミッソーニ」のブランドイメージを体現する店舗が実現されることになったと思います。

c0127238_14265739.jpg


「天井が壊れている!」意味が分かってもらえたかと思います。特にこの店の床レベルは坂になっている表参道より1mほど高くなっています。そのため、道行く人の視点は天井が多くを占める訳ですから、天井高が低い問題と併せて、天井のデザインが必要となった訳です。気持ちよい空間なので、入るのは少し勇気がいるかもしれませんが、ぜひ行ってみてください。
[PR]
by liquid_architects | 2009-03-05 14:26 | hiroki matsuura
「竹の子まんじゅう」食べてきました。
今日は、僕らがデザインして昨年春にオープンした五賓館(ごひんかん)にメンテナンスの打合せに訪れました。ひさしぶりに訪れた五賓館は約1年前とくらべとても雰囲気のあるお店になっていました。店内は清潔感にあふれ丁寧にお店を使っていることが伝わってきました。とてもありがたいことです。

五賓館は和と洋の料理人が厨房に立ちお客さんと会話しながらオリジナルの創作料理をふるまうコンセプトのダイニングバーで隠れ家っぽい雰囲気のあるお店です。JR蒲田駅前は小さな飲食店が立ち並びかなり雑多な雰囲気ですが、その中にあって五賓館は少し落ち着いて飲食ができる場所になっています。
料理長に話を聞くと少しずつ常連のお客さんも増えてきているそうです。

ランチもやっていて今は日替わりで3種類ありそれほど大きくない店内は近辺のオフィスで働く会社員のお客さん達ですぐいっぱいになってしまうそうです。僕らもランチに行きたいと思うのですが蒲田は表参道のオフィスから少し遠いのでまだその機会をもてていません。

打合せの際、カレーと手作りのお通し、夜のおすすめメニューの「竹の子まんじゅう」をごちそうになりました。とてもおいしかったです。オフィスがもう少し近ければよかったのに・・と思いました。
c0127238_182631100.jpg

[PR]
by liquid_architects | 2009-03-04 18:27 | shiro kobayashi



by liquid_architects
ホームページ

liqdo
カテゴリ
news
hiroki matsuura
shiro kobayashi
staff
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧