Top
2009年 03月 17日 ( 2 )
「ズボン2枚履き」明日から卒業
大分温かくなってきましたね。実は根っからの寒がりで、冬が何かと苦手です。上着は着込めば良いのですが、足下の対策が難しく、冬場は2枚のズボンを着用しています。なんだかおじいちゃんぽいとよく言われますが、自転車通勤なので、寒さには勝てません。ですので、冬はゆったりめのパンツと細めのパンツ両方を買います。

そろそろ桜も咲きそうなので、明日から1枚履きにしようと思います。温かくなって、ふと太陽を見ると大分日が長くなっているのにも気付かされます。毎日少しずつ日照時間が長くなったり、短くなったりしている訳なのですが、いつも急に変化しているかのように感じてしまう。些細な変化とは見落としてしまいがちです。

小さな積み重ねって大事なことなんですね。積み重ねって、日の長さがちょっとずつ変化しているのと同様、やっている本人でさえもその結果が現れているのか実感できない。結果が見えてこないから辞めてしまう。でも、続けていけば絶対ふと、その成果を肌で感じることができるでしょう。

ようやく、ブログを書くのも習慣付いてきました。半年後か1年後かもっと先のことかもしれないけれど、今続けている些細な事が自分をいろんな意味で一回り大きく成長させていることに気付くのを楽しみに、続けていこうと思います。
[PR]
by liquid_architects | 2009-03-17 22:02 | hiroki matsuura
「最近ようやく判った当たり前のこと」について
本当に当たり前のことかもしれませんが、私にはここ最近身体で実感したことがあります。それは、「腹が減っては戦はできぬ」ということです。事務所が青山なのでとても便利なのですが、ひとつ困るのが「夕食をどうするか?」という点。忙しいときに、さくっと食べられる定食屋さんのようなお店が少ないのです。ランチは問題ないのですが、夜は大体のお店がお酒を振る舞うようになってしまうため、まだ一仕事ある人間には向きません。

そうなると「仕事を終わらせてから、食べよう」ということになるわけですが、実はこれがあまり良い結論ではなかったことが最近判ってきました。お腹が空いていると、精神状態が良い方向に向いておらず、集中力に欠けてしまうようです。まだ、3時間以上仕事をするのであれば、食事に1回行った方が総合的に作業効率は上がるというのが私の見解です。

作業を途中で中断して食事に行くのは、非常に面倒に感じて後回しにしようとするのも理解できますが、多分「お腹が空いた」と身体が訴える時点で、「食事を摂れ」と無条件に命令を下されているのです。「疲れていたら、休む」「お腹が空いたら、食べる」「遊びたくなったら、適度に遊ぶ」こういう当たり前のことって、当たり前のように素直に受け止めた方が良い方に転ぶのだと最近は思っております。
[PR]
by liquid_architects | 2009-03-17 10:29 | hiroki matsuura



by liquid_architects
ホームページ

liqdo
カテゴリ
news
hiroki matsuura
shiro kobayashi
staff
以前の記事
2010年 10月
2010年 09月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
検索
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧